無資格での社会保険労務士業務は違反なんですか?

社会保険労務士の業務というのは、定められた条件をクリアした資格取得者にしか許されておりません。
したがって無資格の方が社会保険労務士の業務を行うと、法律違反ということになります。
よくありがちなケースとしては、アウトソーシングを行っている企業や経営コンサルトを行っている方などが、自分の業務に加えて社会保険労務士の業務となる分野にも手を出してしまうというパターンがあります。
社会保険労務士に依頼する場合には必ず、社会保険労務士の資格を所有しているかどうかという点を確認しておくようにしましょう。
本来正式な手順を踏んで社会保険労務士の資格を取得した方であれば、必ず社会保険労務士証票や都道府県による労務士会会員証などを持っているはずです。
社労務資格難易度の高さは?合格率低い?【勉強のポイント】