住宅ローン借り換え費用と必要な書類とは?

住宅ローンの借り換え時に必要な書類について説明します。

2015年3月28日現在の新生銀行のホームページに記載されている事項を参考にしてみましょう。

会社員や公務員などの給与取得者の人は、本人に関する書類(健康保健証、免許証、パスポートなどのコピー)、所得署名書類(住民税課税証明書、住民税決定証明書、源泉徴収票、所得納税証明書、いずれも直近1年のコピー)、現在利用中の住宅ローンに関する書類(返済予定表、返済用口座の通帳、給与賞与の明細のコピー)、物件に関する書類(重要事項説明書、不動産登記簿謄本を土地と建物各1通のコピー)など多数の書類が必要になります。

更に契約時には実印や印鑑証明、収入印紙などが必要になりますので、ある程度まとまった借り換え費用がかかります。

マイホームを購入する際、初めにしなくてはいけないことは現金調達の事でしょう。

一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。

申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。

支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合残りのローンの支払義務がなくなる。

という事で、残された家族にもありがたい保険です。

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。

フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。

35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

35年という長い間、世の景気に左右されることなく、毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気のじぶん銀行などの住宅ローンです。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

イオン銀行住宅ローン借り換え諸費用はいくら?【イオンの中の銀行!】

フラット35だからといって、審査内容が甘い。

といった事もありません。

一般的な住宅ローンと一緒です。

違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。

という所を重点的に見る。

という点です。

色々な面から審査されるそうです。

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。

そうはいっても、家を購入するのは数千万単位のお金を要します。

そこで、現金ですぐに支払いができる。

といった事は難しいですよね。

それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?一番いい方法は銀行や信用金庫が良いでしょう。

自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、不動産屋の選択に任せても良いでしょう。

ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。

実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。

他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、それでいて契約している方には、イオンでの買い物の際に割引される嬉しいサービスが付いてきます。

賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。

これ以外でもいくつか調べて比較してみても良いですね。

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。

フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。

フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。