FXを日本語で訳すと外国為替証拠金取引と言います

FXの意味を日本語でいうと外国為替証拠金取引をするということで、ドルとユーロなど異なった通貨同士によって行う為替取引です。
為替の相場は日々変動するものですが、FXはその変化を利用することによって通貨と通貨での売買を行い為替による差益を得る投資法です。
近頃では、僅かな金額からでも始められる外貨投資法として、日本の中で人気となっていますね。
FX会社が倒産してしまうと、入金しておいたお金が返却されないことがあり得ますから、信頼性をちゃんと確かめて選んでください。
また、レバレッジを利用することはメリットがある反面、デメリットとなる場合もあります。
元本以上の金額を扱うことが可能なのは良いことですが、負けると大きな損失を生み出すことになるのです。
FX取引においてスリッページとはトレーダーに不利な価格変動が起こって約定してしまうという意味です。
指値注文といった価格を指定する注文をしないで、価格を指定しない成行注文の結果、失敗した時に発生します。
相場が大きく動きやすい時に起こりやすいですが、約定力の高いFX業者に取引を任せた場合は起こりにくいです。
外貨預金とFXとの違いというものに、元本保証やレバレッジの利用といったものがございます。
外貨預金は銀行への預金ですから、基本的には元本の保証はされるようになってます。
FXではレバレッジを使うことができ、手元の資金より数十倍もの金額で運用していくことが可能ですが、逆に大損失が発生してしまうこともあるので、リスクも大きくなるのです。